建設業の一人親方様が抱える悩みとは

労災の保険料って皆さんいくら払ってますか?

労災保険料の支払いは、月払いできますか?

明日から労災加入したいのですが、可能ですか?…etc

 

 

 

一人親方の皆様、日々のお仕事大変お疲れ様です。
最近では、大手ゼネコンをはじめ、元請けからの仕事の依頼を受ける際に多くの場合、『労災保険番号』や『社会保険の加入有無』などを問われるケースが多くなりましたよね。さらに、『上乗せ労災保険』の加入まで求められることもあるようです。
一つの仕事を受けるにしても、ハードルが高くなったのではないでしょうか?

 

そんな中、最近では慌てて労災保険に加入したいという親方様からのお問合せを多くいただくようになりました。
ただ、加入に際して『手続き面倒だなぁ~』、『保険料の負担が大変だなぁ~』、『明日から加入したいけどどうすればいいんだろう・・・』などといった、加入に際してのお悩みを抱えている親方様も多いことでしょう。
そんな親方様からのご相談が多い順にご紹介していきますね。

ご存じでしたか?

労災保険は、別名『政府労災』とも言います。国の保険ですね。
最近では、全国各地に厚生労働大臣の承認を受けた団体が多く存在します。
基本的にこのような団体を通じて『一人親方の労災保険』に加入することとなります。
じゃあ、どこの団体から加入すればいいの?悩みませんか?
その悩みを解消していきましょう。

 

 

 

どこの団体で加入しても『純保険料』は同じです。
しかしながら、純保険料が同じであっても、加入団体によっては年会費や事務手数料などがかかる場合がほとんどで、金額は様々です。
さらに、保険料の納付方法も様々で、一括年払い・月払い・口座振替・クレジット払いなど、団体によって取り扱いが異なります。
多くの場合、『一括だと高額になるから、分割払いがいいなぁ』という親方様の声もよく聞きますね。

 

また、『明日から加入したいけどもう銀行が閉まってるし、手持ちがないからWEBからクレジット決済できたらいいなぁ』なんて声も多く寄せられますがいかがでしょうか?
労災保険は、現場に入場する際も役に立ちますが、そもそも保険ですので労災事故により『ケガ・病気』をした際の補償をするものです。
通勤途中の『通勤災害』現場で発生した『業務上災害』の傷病に対する治療費や休業補償、それ以外にも『障害給付』『遺族給付』『葬祭料』『傷害年金』『介護給付』など補償は充実しています。

そんなこと、よくあるよね!!

加入時には給付日額を決めます。
日額は、3,500円~25,000円の範囲で設定します。
額によって、保険料が変わります。
実際のところ、一番加入の多い給付日額は3,500円のようです。
それは、保険料が安い理由もありますが、『とにかく労災加入証明カードがすぐ必要なんだよ』という方が多いかではないでしょうか。
明日から現場に入ることになった、すぐに労災番号を取得したい』などといった際に、対応できる団体とできない団体があります。

 

その違いは、親方様からのお申込みに対して、労働局への新規特別加入申請を郵送で行っているのか、電子申請で行っているのかによります。
郵送の場合、2~3営業日かかるのに対して、電子申請は土日・祝に関わらず、その日の午前12時までに電子申請が完了すれば、最短で翌日加入が可能なのです。
そんな時、電話ですぐに相談にのってくれて、迅速な対応をしてくれる団体があれば心強いですよね。
親方様にとって、納得のいく支払い方法と金額で安心して加入できる団体をオススメします。

 

中部労災一人親方部会へまずはお電話を→076-481-6941

ホームページ URLhttps://chubu631.jp

ページトップへ戻る